ハウスメーカーや設計事務所の選び方を知ろう|最上級のマイホーム

賃貸借契約の流れ

住宅模型

賃貸物件探しから入居まで

横浜で賃貸物件を借りるなら、不動産会社で賃貸借契約を交わす必要があります。まず契約したい賃貸物件を選び、見学の申し込みをします。借りたあとでがっかりしないように、必ず沢山の賃貸物件を見学をしてから契約をすることが大切です。横浜にある賃貸物件の情報は、ネットがあれば賃貸サイトでチェックできます。横浜でいいと思った賃貸物件があったら、不動産会社に電話をすれば、見学の手配をしてくれます。一つの部屋だけではなく、1日に沢山の部屋を見学できるように、横浜市内で何軒か見学候補の賃貸をピックアップしておくのがお勧めです。見学では部屋の中、共用部分、周辺環境などをよく見て、自分にとって暮らしやすい環境かどうか調べます。何軒か見て一つに絞り、不動産会社で入居申し込みの手続きをします。入居申し込み書は入居審査のときに必要です。入居審査の結果は申し込みをしてから早いと翌日、遅くても1週間後に不動産会社から連絡があります。結果の連絡があったときに、賃貸借契約をする日時の予約をします。このときに当日必要になる書類や費用の指示があるので、忘れないようにメモしておくことが大切です。契約では印鑑や印鑑証明書、収入を証明する書類などが必要です。また、連帯保証人の住所や氏名、連絡先などの情報も必要になります。連帯保証人は三親等以内の身内と決められているケースが多いです。書類や必要な費用を提出し、賃貸借契約書にサインをすれば契約が成立します。